Friday, January 12, 2018

番外編(ロシア滞在記1)

こんにちは。川崎グループ所属M1の芳賀です。
実は8月25日よりロシア滞在中です。(でした。先日帰国しました)

簡単に要約すると以下の通りです
○東大とサンクトペテルブルク国立大学との交換留学
○Graduate School of Managementに所属
○学生寮生活

何回かに分けてこの番外編ロシア滞在記を書いていこうと思います。
まず今回の記事では、サンクトペテルブルクとそこでの生活を簡単に紹介します。

基本情報
人口 520万人(2015 census)
(東京都:1370万人)
面積 1431㎢
(東京都:2191㎢)


サンクトペテルブルクは1703年にピョートル大帝の指示で築かれ、1713年からソビエト連邦成立までの間ロシア帝国の首都でした。現在は首都の座をモスクワに譲っていますが、それでも500万人以上の人口を抱えるロシア第2の大都市です。実際の街の規模感としては名古屋ほどかと思います。日本の大都市の様に高層ビルが林立しているわけではないのですが、市中心部は多くの人で賑わっており、あらゆる種類のお店が軒を連ねています。多くの人にとって飽きることはないでしょう。

いくつかの写真と共に、サンクトペテルブルグの生活をお伝えします。

サンクトペテルブルク国立大学,寮No.19

いきなりソ連を彷彿とさせる写真ですね。これが4か月半住んでいた学生寮です。正確にいうと、この建物すべてが寮でなく左側3分の1ほどです。残りは普通のアパートだと思います。
 サンクトペテルブルグでは日本と異なり、多くの学生が寮住みです。寮は1人ずつの個室に分かれているわけではなく、複数人でシェアします。プライバシーを気にする人にはちょっと辛いかもしれません。
 僕にとっては非常に快適でした。家族以外と共同生活を送ることは初めてだったので、ルームメイトに様々な迷惑をかけていたと思いますが、彼らの暖かい支えもあって無事のりきれました。


Hermigage

 世界の美術館の中でも3本指に入ると言われているエルミタージュ美術館。その美術館のメインビルディングである冬の宮殿の写真です。ロシア革命までは皇帝が住む宮殿でした。
 学生無料というところも素晴らしい。西洋美術に関しては日本の美術館が束になっても敵わないくらいの質・量を誇る美術館に無料で入れるとは、言葉で表せないほどの素晴らしさです。その特権を利用して僕は10回訪れました。実はこれまで美術に全く興味がなかったのですが、一流のものに触れて楽しさに気づきました。ガイドブックも充実していて、美術史が何となくつかめるようになってきました。





 上の2枚はサンクトペテルブルクの有名な劇場「マリンスキー劇場」の内部です。左が新館であるマリンスキー2、右が本館内の写真です。本館は古き良き雰囲気が漂っているのですが、鑑賞環境としては新館に軍配が上がります。


 日本と比べると値段は破格で、一番安い席だと1000円しないこともあります。オペラを日本で見ようといくらするのだろうと新国立劇場の公演の値段を調べてみると、一番安いD席で4320円とか5400円とか......
ハア(溜息)
(ちなみに僕は溜息が多いそうなので以後注意します)

Petrgof

ペテルゴフ(ロシア語だとペテルホフ)は噴水が有名です。噴水は10月中旬までしか見れないので、その直前に同じ部屋に住むドイツ人ルームメイトと共に行ってきました。圧倒的な水の芸術でした。洪水とは正反対の、水の美に触れることができて幸せでした。

次回は学生生活について書き連ねたいと思います。



Monday, January 1, 2018

Myanmar trip 12/08 -12/13 APWS編

ミンガラーバー、ヨネシンです。
明けましておめでとうございます!

12月8日~13日にかけて行ってまいりました、ミャンマー渡航についてご報告します。
今回は大きく3つのイベントがありましたが、うち1個目は Yuya 君が書いてくれました。

まず、3rd Asia-Pacific Water Summit   でございます!

世界水フォーラムは、3年に一度、世界中の水関係者が一堂に会し、地球上の水問題解決に向けた議論や展示などが行われる世界最大級の国際会議です。世界水フォーラムは、世界水会議(WWC、水分野の専門家や国際機関の主導のもと1996年に設立された民間シンクタンク)とホスト国により共同で開催されています。 <http://www.waterforum.jp/jp/what_we_do/pages/WWF/>
とのことです!
日本水フォーラムの方々のご厚意により我々学生も参加させていただけることになった次第でございます。ありがたいことです。

会場はyangonでも屈指の高級ホテル、セドナホテルでございます。休憩時間の軽食、コーヒー紅茶も完備でございます。

 Sedona Hotel
中でも目玉の登壇者は皆さんもご存じのこの方!

  Informative talk by Ms. Aung San Su Kyi
とても素晴らしいスピーチだった(そうです)。
というのも、早朝から渋滞にはまってしまい間に合わなかったのです。( Yuya氏が腹痛で苦しんでいたため)
川崎先生も「あらゆる会議において最初こそが重要」と頻繁に仰ってますので、惜しい限りです。


それ以外にも各国の首脳級、大臣級の人々のスピーチがありました。
あれぐらいの地位になると肩書に H.E. (His Excellency) とつくんですね~。

集合写真もしっかりと撮っておきました。

Group photo
実は私も午後のセッションに参加し、議論に参加しました。
I joined panel discussion
はい、嘘です。(笑)

我が国の石井国土大臣からのスピーチもありました。国交省のウェブページでも紹介されています。

Minister Ishii
川崎先生も"Evidence based decision making"というトピックで、データに基づく意思決定のあり方についてスピーチされました。

Sensei
Poster session by Yuya


 一日目の終わりにはレセプションがありました。会場は、ヤンゴンRegional政府の庁舎でした。
入り口には大きな観音様?がいました。もともと国会議事堂だったらしく、巨大な建物です。

Statue
 豪華な食事とともにVIPの登場もありました。ミャンマーの副大統領とヤンゴン地方域の首相がいらっしゃいました。すなわち日本の副総理と東京都知事のようなもので恐れ多い・・・

Vice President
 終始カルチャーショーが行われていました。これが、豪華絢爛でまた素晴らしかったです。

Tradition
そのあとは先生とYuya君で二次会でした。日曜日なので許してください~。

Suspicious bar
そして最後のイベント!
YTUにてジョイント学生セミナーなるものが行われ発表しました。

Opening remarks by Prof. Meguro
研究領域は実に多様でしたがそれだけに面白かったです。
嬉しいことに表彰してくださり、素敵なプレゼントをいただきました!(東大ボールペン)


以上です。
今回の渡航では、真面目に「修士にきてよかった」と実感できました!
あとは修論をなんとか提出し、できるだけこのような貴重な経験を積みたいと思いました。



ありがとうございました。







Monday, December 18, 2017

雄物川現地調査

こんにちは。B4の中村です。
ふと気付いたら1か月に3回のペースでブログを書いています(笑)
飽きずに読んでいただけたら幸いです。

さて、今回は12月2日の雄物川現地調査について
お伝えしたいと思います。

雄物川は秋田県南部にある1級河川です。
全国有数の穀倉地帯を支える恵みの川である一方、
地形的に洪水が起きやすいため様々な河川改修が行われてきました。
今回は、大仙市から秋田市にかけて雄物川を観察してきました。



スタートは大曲駅。
大曲は花火大会で有名なので、ご存知の方も多いかと思います。
私は行ったことがないのですが、いつか見に行きたいです!

まずは大曲捷水路を見に行きました。
かつては大曲駅のすぐ近くで、屈曲していた雄物川に丸子川が合流していました。
そこで、洪水時の疎通能力を高め、丸子川との合流点をずらすために大曲捷水路が計画されました。

大曲捷水路

写真からもお分かりいただけるように、
12月の秋田は非常に寒く雪が積もっていました!

そしてこちらは現在の雄物川と丸子川の合流地点です。
右が雄物川、左が丸子川です。

雄物川と丸子川の合流部

もう少し下流に進むと玉川との合流地点があります。
玉川は雄物川の最長の支川です。玉川温泉の強酸性水が流れています。

玉川

玉川と雄物川の合流地点もぜひとも見てみたかったのですが、
非常にアクセスしにくく、果敢にも雪が積もっている中進んでいたところ
側溝にはまってしまったため引き返しました…。
怪我しなくて良かったです…(^^;)

玉川合流後の雄物川です(神宮寺)。

神宮寺にて


次に見たのは強首輪中堤
強首地区の集落は、蛇行する雄物川に巻かれるように形成されており、古来から洪水の甚大な被害を受けてきました。
連続堤の整備には時間がかかるため、この地区は輪中堤によって守られています。

白鳥発見!

強首輪中堤

正面が強首の市街地で、実は右側と左側は堤防なのですが、
雪のため大変分かりにくい写真となってしまいました。


雄物川の中でも特に蛇行している地点です(雄和)。

雄和にて

お昼は秋田空港で親子丼を食べました。
比内地鶏おいしかったです!

比内地鶏の親子丼!

谷底平野の終点で、狭窄部になっているところです(雄和)。

雄和の狭窄部

椿川船着場

椿川船着場です。
雄物川ではカヌーも楽しめるようです。
雄大な川を満喫できそうです!
そして日が傾いてきています…。


ついに雄物川放水路まで到着しました。
雄物川はかつて秋田市街地の中を流れていましたが、秋田市を洪水から守り、河口港の港湾利用を高度化するために、雄物川放水路が整備されました。
現在は雄物川はこの放水路を通り日本海に流れ込んでいます。

雄物川放水路


ところで、河口付近でカエルの像を見つけました。

ももさだカエル(全体像)

名前はももさだカエルです。
 昔の新屋浜のにぎわいにカエル
 事故やけがなく無事カエル
 ゴミを捨てずに持ちカエル
という願いをこめて建立されたそうです。

ももさだカエル(アップ)


とうとう河口に到着しました!

雄物川の河口

やはり大きな川の河口は迫力があります。
真っ暗になる前に着いて良かったです!

河口から見た雄物川放水路


雄物川と旧雄物川の分岐地点には新屋水門があります。

新屋水門(旧雄物川側)

新屋水門(雄物川側)

老朽化により平成23年に改築されたものです。
思っていたより川の流れが速かったです。


今日の最終ポイントである旧雄物川の河口付近です。
旧雄物川は運河として利用されています。

旧雄物川の河口

セリオンタワーに登りました。
なんと地上100mの展望台に無料で登ることができます!

秋田市の夜景!

秋田市街地を見るところまでを目標としていましたが、
夜になってしまいました。
でもきれいな夜景が見れたので良しとします(笑)



今回は雄物川の中流部から河口まで調査してきましたが、
興味深いものをたくさん見ることができ、楽しかったです。
これからもっといろんな川を見てみたいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。



Sunday, December 17, 2017

ICSE2017

こんにちは。修士二年になりました。祐谷です。

126日から1214日までミャンマーに行ってきました!
僕にとって2回目となった今回の渡航は、イベントが盛りだくさんでした。
今回は僕のミャンマー滞在の前半部分を取り上げます。

126

1630分着の便で到着。この日は、先にミャンマーに到着していた生産研の郷右近先生、菊池さんと串焼きの店で夕食を食べて一日を終えました。ミャンマービールと良く合う。特にオクラがgood.(写真取り忘れた)

127

朝食は学食のモヒンガ。ミャンマーの麺料理は、(へんな油にまみれてるやつを除いて)本当においしいです。今までミャンマー料理どんなだったか他の人に聞かれても微妙な反応しかできなかったけど、次聞かれたらちゃんと答えられそうです。ミャンマー料理最高。
500チャット(50円)!

この日は、翌々日の発表準備の合間に、YTU(ヤンゴン工科大学。今回の宿泊場所)の周りを出歩いてみました。

YTU周辺では、川の近くはまちが広がっていないか、最近人が住み着き始めたような場所が多いです。
バスに乗ったり、ぶらぶら歩いたりして思ったことは、川沿いは交通の便が悪いということです。YTUの周りをぐるぐるした限りでは、大河川だけでなく、川幅5mくらいの小さめの川でも、車が通れるような橋と橋の間隔はとても広く、川を隔てて反対側に行くのが大変です。
川沿いの場所は、人モノの陸上移動の面で空間の縁のような土地だといえます。
Hlaing川沿い
最近開発された様子の場所
小川沿いのスラム
聞くところによると、現在スラムに住む人の中には、以前からヤンゴンに住んでいたが、土地代、家代が払えなくなった結果、移り住んできた人々もいるそうです。

計算で行った回帰分析でも、川からの距離が近いほど、都市が分布する割合が小さいという相関関係がみられていました。以前は、川に近いほど洪水に襲われやすいためだろうと考えていましたが、もしかすると別の背景があるのかもしれないと思います。川崎先生も、相関関係と因果関係は別物と度々学生ミーティングでおっしゃっています。現地を歩いて生まれる考察が大事です!

128

この日は、東大同窓会に参加させていただきました。ミャンマーで活躍する東大のOBOGの方々が一同に会する場として毎年開かれ、今回で5回目だそうです。会場は、ヤンゴン中心部にそびえるSAKURA TOWERの最上階。なんだかその場にいるだけで気分が浮かれてしまいます。が、正直翌日の発表準備が絶望的に終わってなくて「やばいやばいやばい!!!」という気持ちと錯綜して気が休まりません。
駐ミャンマー日本国特命全権大使もいらっしゃる、とても畏れ多い会でした。
屋上のバー

臨む夜景。スーレーパヤー

ヨネシン合流
川崎先生も発表されました!






学生の我々も僭越ながら自己紹介

129

いよいよ、今回のミャンマー滞在一番の目的、国際学会ICSE(International Conference of Science and Engineering)のスタートです。ICSE12/9,10の二日間日程で行われました。
講堂の舞台でミャンマーの伝統舞踊(?)が披露されるセレモニーで開会です。


そして、社会基盤入学後初の研究成果発表の場&初の国際学会として、僕も発表の機会を頂くことになりました!
僕は、学部時代は現在と異なる専攻に所属し、しかも英会話がなにもできない状態で14か月くらい前に川崎グループに入学しました。そして現在までの間に、とても14か月間しかなかったとは思えないようなたくさんの新しい経験や新しい勉強をさせていただき、やっとほんのわずかな成果としてミャンマーで発表させて頂くことができました。とても感慨深い機会となりました。


しかしながら、出来はイマイチでした。というか、ダメダメでした。まず、本番に向けた発表準備のタイムマネジメントができず、プレゼンテーションの内容、発表の見せ方を練り切れませんでした。質疑応答ではProfessor. Meguroから厳しいコメントを頂きました。そして1年間も国際色豊かな川崎グループで鍛えられたにも関わらず、僕の英語力が未だ地面すれすれの低空飛行を続けていることが露になってしまいました。現地の方が話す英語が本当に聞き取れず、質疑応答の場は3回ぐらい聞き返してようやく要領を得ないなんらかの返答をするに留まりました。ほとんど墜落でしょう。
まだまだ未熟さを痛感するこの頃ですが、もう卒業が目前に迫っています。今回の滞在では、僕の来年度からの就職先の先輩にお会いする機会もありました。なおのこと「このままじゃいかん!」という気持ちを急き立てられました。
卒業までのあと2か月間、しっかり精進しようと思います。

以上、今回のミャンマー滞在前半の部でした!

Friday, December 8, 2017

International Conference on Science and Technology for Sustainability 2017

こんにちは。B4の中村です。
今回は、11月23‐25日に乃木坂で開催された
International Conference on Science and Technology for Sustainability 2017
についてです。

日本語にすると、
持続可能な開発のための科学技術に関する国際会議2017
でしょうか。
私の理解だと、
災害に強い世界をつくるために科学技術はどう動くべきかについて、
世界中から様々な立場の方々が訪れて議論する会議です。
そして、題名から察せられるように、議論は in English です。
非常にグローバルな会議です!

会場の雰囲気

議長は小池俊雄先生。去年までは我らが河川研の教授で、
実は私も水理学の授業を受けていました。

さて、今回はクライマックスである3日目についてお伝えしたいと思います。
この日にはなんと皇太子殿下もご参加なさり、
私にとっては人生初のビックイベントとなりました!




9:00 - 10:20  Working Discussion 3  breakout: Summary Discussion

Sendai FrameworkPriority Action ごとに分かれてのディスカッションです。
ちなみに、Sendai Framework (仙台防災枠組)では、4つの Priority Action が設定されています。

Priority1: Understanding disaster risk.
(災害リスクの理解)
Priority2: Strengthning disaster risk governance to manage disaster risk.
(災害リスク管理のための災害リスクガバナンスの強化)
Priority3: Investing in disaster risk reduction for resilience.
(レジリエンスのための災害リスク軽減への投資)
Priority4: Enhancing disaster preparedness for effective response and to "Build Buck Better" in recovery, rehabilitation and reconstruction.
(効果的な対応のための災害準備の強化と回復・復旧・復興に向けた「より良い復興」)

川崎先生Priority3Co-chair を務めているということで、
Priority3 についての会議を聞きに行ってみました!
会場がそれほど大きくなく、また特に Priorty3 に関心のある方々が集まっているためか、非常に活発で interactive な議論が交わされていました。

小会場の雰囲気





10:40 - 12:00  Plenary Discussion 8

各 Priority の Co-chair によって、三日間にに及ぶこれまでの議論の内容がここでまとめられました。
今までの議論を整理し、午後の High-level Panel Conference につなげるための重要なDiscussion です。

Priority3についてまとめる川崎先生



12:00 - 13:30  Working Lunch 3

お昼のお弁当です。特に鶏肉の照り焼きがおいしかったです!
中身についての説明が英語であるところにも、この会議がいかに global であるかがうかがえます。
お弁当(食べかけでごめんなさい…)



13:30 - 15:15  High-Level Panel Conference

ここでいよいよ皇太子殿下のご入場です!
様々な方のお話をうなずきながらお聞きになっていました。
皇太子殿下を拝見できたことは忘れられない思い出となりました。

さて、内容ですが、Tokyo Statement 2017 採択に向けてのラストスパートです。
壇上の方々が熱く語っていらっしゃるのを聞いていると、その想いも伝わってくるように感じました。


15:40 - 16:10  Video Session

議論時の緊張感も少し和らぎ、会話を交えながら防災に関する映像を鑑賞しました。
残すは Closing session のみです!


16:10 - 16:40  Closing Session

小池先生の
Tokyo Statement 2017 is approved.
という言葉によって宣言が採択されました。
拍手による宣言の採択はテレビでしか見たことなかったのですが、
やはり生で見ると迫力がありました!

Tokyo Statement 2017 を宣言する小池先生


17:40 - 18:40  Reception at Museum

会議の後は、国立新美術館内のおしゃれなレストランで立食パーティです。
食事も大変おいしく、デザートも豪華でした!
ワイン片手に様々な立場の方が語り合う光景は壮観でした。

素晴らしいデザート

最後の締めはやはり小池先生。
「ここからがスタートです。」
とのお言葉が印象的でした。


締める小池先生

今回はこのような貴重な機会を頂けたことを大変うれしく思います。
どのように枠組みを作っていくのかを垣間見ることができ、勉強になりました。
また、今後もほとんどないであろう皇太子殿下を拝見する機会にも恵まれ、充実した会議となりました。
同様の機会があれば、(英語の勉強のためにも)積極的に参加していきたいです。


ここまで読んでくださりありがとうございました。